自分の仕事/7月編
Pocket

皆さま

 

今日から7月がスタートいたしました!

皆さまは如何お過ごしでしょうか(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな夏を思わせる果物 佐藤錦が届きました♫

麻紀ブログを長らくご愛読いただいている方々には きっとこんな台詞が記憶に残っているのではないでしょうか(゚∀゚)

 

ズバリ「赤い宝石」と…。

 

そして そんな「赤い宝石」は 年々甘くなっているように思い感じます(*⁰▿⁰*)

 

どんな仕事でも それが世の中に必要なればこそ成り立つものであり こうして顔の見えぬ人びとに喜んでもらえること…

ここにつくづく「仕事の意義」があるように思います

 

そういった意味では 仕事が伸びるか伸びないかは 世の中が決めてくれますし

世の中の求めのままに 自然に自分の仕事を伸ばしてゆけば良いと思いますが…

 

昔々の偉い人に言わせると 更にはこの「世の中」にやらせてもらっていることやこたえ続けること…

これらを忘れてしまっては 囚われた野心となり 小さな自己満足となる、ともありましたσ(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに こうした一粒一粒 宝石たちを目の前にしますと…何より さくらんぼの農家さん方がいらしてて…化粧箱を制作する会社もあって それらを箱に詰めるパートさん方もいらっしゃったりして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年…いえ年々 磨きにかけた素晴らしい宝石になってゆくのだけれど…

 

では…私たちのようなアートという永遠にこたえのないモノに寄り添い 生業とし…手に技術や職を持つヒトたちは どうしたら良いのでしょうか( ´ ▽ ` )

 

それこそ 野心と自己満足の塊が 絵描きそのものの在り方のようにも思えてならないのですが…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ…

 

 合掌

 

 

 

 

 

 

 

Read Comments

Leave a Reply