渡欧 後記 4
Pocket

皆さま。

 

本日もまた♪題して【フランス紀行 番外編part2】としまして、数々の名場面的なショットをランダムに、ご紹介して参ります(^-^)b

 
まだまだ、ご紹介し切れていないスペシャルプレイスなところが、たくさんあります。
 
 
DSCF6266.jpg

初めて降り立ったフィレンツェの町中で、何よりも心強く役に立ったのが、コレです!!

【標識】。

 

フランス語と違って、英語と同じように解読出来るのが良かったデス。

 

 

 

幾度も言うようですが見て・ミテ・みて・下さい^^

 

このお天気の良いこと♪

雨女の汚名を返上しなくっちゃ!!デス(笑)

 

 

 

 

 

・・・で、やっぱり!再登場してしまうのが、ここドォーモの中です^^;

 

とにもかくにも、長く細く、急な階段続きは、万里の長城にも勝るものがありました。

 

 

 

 

 

・・・ですもの!←この満面の笑みにならない訳がありません。

やったー!!

 

 

 

 

 

 

これが、昨日。ご紹介し切れませんでした、ウッフィッツィ美術館内にありました【春】デス。

 

 

 

 

 

同館内にて。【受胎告知】デス。

どの国の美術館へ足を運びましても、つくづく感じますのは、案外・・・何気ないところに、さり気なく展示してあるコトです^^;

うっかりしていたり、勉強不足だったりしますと、思わず・・・見逃してしまうほど、なんですょ。

 

・・・続いて、昨日もご紹介いたしております、アカデミア美術館よりデス。

ここは、とにかく石膏が多かったデス。遠くで見ますと・・・ほらっ!まるで、理科の実験室に見えませんか^^;

 

 

 

 

パリ市内滞在中のホテル【リュムン】。

 

ルーブル地区内にあり、そのルーブル美術館まで徒歩10分もかかりませんでした ♪

渡欧前の一ヶ月を切ったあたりの、ギリギリのところで予約を入れたのが、返って良かったのか?!丁度、キャンペーン中で、一泊分が無料になった上に、スーペリアのお部屋が普段よりも約半値位の料金で宿泊することが出来ました。

 

毎年、パリに来られている方々にも言われましたが・・・ここは、超有名デザイナーが手がけたとかでも有名なブティッックホテルで、昨年リニューアルしたばかりの少々お高めなホテルだそうです。

 

嗚呼・・・本当にラッキーです(涙)。

私・・・そんなことも知らずに、毎朝食まで付けて1万円を切っての宿泊費には【旅の神さま】へ心から感謝・・・デス。

 

 

これが、そのロビーです。奥に見える円盤型のモチーフが、ここのトレードマークのようで、部屋内のベットにもお色違いで、施しがありました^^

 

 

 

 

そして、ここが→朝食会場【オスカー】デス。

宿泊者以外でも利用出来るようで、夜は、バーラウンジになります^^

 

 

 

 

 

本当に美しい会場でした。

 

 

そんな明日の【フランス紀行 番外編Part5】では、絵になる風景として、グルメ特集リポートをお届けいたします。

 

ご期待下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

Read Comments

Leave a Reply