渡欧 6
Pocket

日本時間          12月11日(日)
フランス時間      12月10日(土)

 

皆さま。

今日は、本当に静かな村。ここ、ノルマンディー フレールを後にし、パリへ帰省しますm(__)m

 

フランス人のジャンは、消防士さんで、そんな消防署を見学させて頂いたり、あのピサロも通ったと言われるレストランを案内して頂いたり…♪

ほんの一時でしたが、素朴な北フランス。ノルマンディー地方を、体感することが出来ました。

 

また同時に…私たち日本人は、本当にモノに溢れ、無駄の多い人種なのだとも…つくづく思いました。

明子さん宅では、毎朝。ペチカで火をおこし、部屋を温かくしたり、お料理に使ったり…して居ります。

車は一家に一台。

 

心から、そして、改めて実感しましたのは、大切にモノを使い続けること。

そんな当たり前のことを、またひとつ。見直せることが出来ました。

 

さあ…そんな今宵は、打って変わって…再び、ルーブル美術館内で【カクテルパーティー】が、あります。

 

私は…大きな大きな、高級ブティックやデパート等で、ショッピングをしたり、または、有名所でお食事をするよりも…Σ( ̄◇ ̄*)

やっぱり…私は、街の小さなマルシェで、いわゆる現地の人たちと交わりながら…そして、楽しく会話をしながら…何が良いのか、美味しいのか…。

少々の汗をかきながら、話したり、聞きながらの、そんなショッピングや、同じく、街角のカフェで、ひしめき合いながらお茶をしたり、食事を取ったりした方が…つくづく、性に合って居ります(苦笑)

 

高級ブランドに身を包むよりも、例えば…大きなスカーフを上手に使って、ひとつのお洋服にしてしまうとか。

常に新しいものや人気の高いものに、飛び付くよりも…代々伝わる、一点モノにこだわりを持つとか。

 

ブランド物には…元々。興味の薄い、そんな私からなのかもしれませんが(~_~;)

常々、思っていること。感じていることは…ここ。フランスへ来ても、変わりません。

 

要するに…魂はそのままに。くるくる変わる、オケージョンやシチュエーション。シーンに合わせて、変えられる自分であるか、居られるかが…大切なのでは、ないかと思って居ります。

 

日本でも、買えるもの(売っているもの)を、買ったって…嬉しくない。

 

日本人同士で、つるむよりも、高いツアーを組んでやってくるよりも…何をするのにも、悩んだり、迷ったりしながら…ひとつ、ひとつ。クリアしていく、今のこの自分が好きです(^_^ゞ

 

圧倒されることも、沢山あるけれど・・・本当に、一人で来て良かった…♪

 

①ピサロが、愛したカフェレストラン

②カフェを曲がれば、小道が続きます ※こんなアングルの絵画作品。ありましたね♪

③ジャン氏の勇士な姿に敬礼

④ジャン・マキ・ローレン消防団

⑤パリ’s タクシーから 1

⑥パリ’s タクシーから 2

⑦二度目の登場。夜のオペラ・ガルニエ ※次回に必ず、バレエのコンサートを観るぞっと♪

⑧二度目の登場。夜のルーブル ※アメリカの時は三日月。フランスは満月です♪

⑨レセプションパーテイー ※ヴァイオリン・ビオラ・ピアノの三重奏

⑩ルーブル美術館 展示会場内 ※私の絵画“ノーベルカフェ”は、セクションG6に展示。

 

 

2011/12/13  9:32 2011/12/13  9:31 2011/12/13  9:33 2011121013220000.jpg 2011/12/13  9:34 2011/12/13  9:34 2011/12/12  6:23 2011121020480000.jpg 2011/12/13  9:35 2011/12/13  9:36
Read Comments

Leave a Reply