渡欧 7
Pocket

日本時間            12月12日(月)
フランス時間        12月11日(日)

 

皆さま。

 

今日は、何も考えずの…終日フリータイムです♪

…とは、いうものの(~_~;)やっぱり、アクティビティに行動する、そんな自分に脱帽ですm(__)m爆笑

 

あの…【ヴェルサイユ宮殿】より、お送りして居ります

余りにも、美しくて、美しくて…息を飲む【豪華さ】です。 

 

パリ郊外。近郊で、まず何を見るかとなると…やはり、このヴェルサイユ宮殿になるのは必須。

フランスのみならず、ヨーロッパの黄金時代を象徴する、この宮殿は…やはり、一生涯に一度は、訪れたい場所では、ないでしょうか。

 

2004年から、170年ぶり。17年 がかりの大改修工事が行われているとのことでしたが…m(__)m

一体、何がどう…改修されているのか(°Д°)

全てが、豪華絢爛でした。

 

元々は、ルイ14世の父。ルイ13世の小さな狩猟に、過ぎなかったらしいのですが・・・ルイ14世が、この城館に愛着を持ち、度重なる拡張工場の際も、決して取り壊すことがなかったことは、有名なお話だそうです。

※かの、マリー・アントワネットの夫は、ルイ16世。婚礼が行われた礼拝堂や、祝宴が開かれたオペラ劇場は必見です。

 

また、昼は、圧倒されっぱなしのパレスを後に…夜は、パリ市内。シャンゼリゼ界隅にある【サル・ガヴォー】劇場にて、ヴァイオリンのコンサートを鑑賞して参りました。

【サル・プレイエル】、【シャンゼリゼ劇場】そして、ここ。【サル・ガヴォー】は、言うなれば御三家会場。

 

ピアノや室内楽には、ぴったりの小ホールで、出演者も選りすぐりで、ロン・ティボー国際音楽コンクール会場としても、大変有名な劇場だそうです。

 

そんな今宵の演目は、ロック調のヴィバルディ作 クラシック音楽。 ※ご想像出来ますでしょうか。

 

本日のお夜食は、スペイン料理。
昨夜のお夜食には、カジュアルフランス料理。

 

嗚呼…このまま、時が止まれば良いのに…♪

ここ。パリに居たら…世界中、誰もが、想う“心”では、ないでしょうか(*^^*)

 

心から…嗚呼、神さま。本当に…ありがとう。

 

 

①朝8時パリ ※毎朝、こんなに暗いンデス・・・。

②ヴェルサイユ宮殿 1

③ヴェルサイユ宮殿 2

④ヴェルサイユ宮殿 3 ※鏡の間 

⑤ヴェルサイユ宮殿 4 ※マリーアントワネットが実際に使用していたベッド

⑥ヴェルサイユ宮殿 5 ※宮殿からの眺望 庭 1
 
⑦ヴェルサイユ宮殿 6 ※宮殿からの眺望 庭 2
 
⑧サル・カヴォー劇場 1
 
⑨サル・カヴォー劇場 2
 
⑩サル・カヴォー劇場 3
 
2011120809080001_2.jpg 2011/12/12  6:22 2011121111010000.jpg 2011121111070000.jpg 2011/12/13 22:10 2011/12/13 22:10 2011/12/13 22:11 2011/12/ 8  9:50 2011120720340000.jpg 2011/12/ 8 10:35
Read Comments

Leave a Reply