mikipedazo

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

如何お過ごしですか?

 

本日4月29日祝日

昨年の10月時〜始めたInstagramから(^ ^)

 

ペルーはクスコに住む「鈴木美貴」さんよりブロック本が届きました♪───O(≧∇≦)O────♪

そう…

きっかけはたまたま見合わせたお互いの作品に惚れ込み、半年以上もの間「いいね👍」の交換やちょっとしたメッセージのやりとりから交流が始まりました(*^▽^*)

「ブロック本」

一枚ずつ切り取れるタイプのもので、切手を貼ればそのままポストカードにもなる逸品です

可愛いでしょう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

お互いに猫好きにははずせない一ページです(๑>◡<๑)

笑笑 これぞまさしく正真正銘の「スモークサーモン」です(*’▽’*)

 

そんなこんなの 時折クスっと笑みがこぼれてしまうようなイラストが50ページ〜ほどはあるでしょうか

 

海を渡り 本日私のこの手元にも届いたという訳なのです(о´∀`о)

 

私たちは作品だけに限らず  苗字が同じ/名前もたった一字違いの「ま」と「み」

ここ日本と世界遺産のあるペルーとで繋がりました(o^^o)

 

彼女からいただいたプレゼントはこれで2個目になります

彼女はもう覚えていないのかもしれませんし、何よりそんなつもりもなかったかと思うのですが…

 

冒頭にも記述した通りの昨年の秋口…あれは、丁度 銀座の個展が始まるあの頃

 

若年性のアルツハイマー型認知症と診断されたばかりの母を、あれやこれやとたくさんの抱え切れないほどの届けや手続き等を何とか済ませ…

 

長期の留守中、デイサービスと呼ばれる運動機能の発育に特化した介護施設へ通所を願い出たばかりでした

 

毎日が母への心配と個展への不安の最中

美貴さんは 実に14時間も離れた異国の地、しかも未だ一度も見ぬ私へ

 

「応援している これくらいしか言葉がない

他に……〝気に入ってるよぉ〟くらいしか」

 

こんなエールと共に自らのInstagramにも宣伝してくれたのでした

 

さあ…自慢話はここまで(*^o^*)です笑

 

彼女「鈴木美貴」さんのURLなど 告知掲載しておきます

是非に一度 のぞいてみてください♪

 

「アーティスト/鈴木美貴」のもの凄いアイディアに溢れたアクセサリーのグッズや作品と

店内にはそこかしこに「芸術の女神さま」が居ります(*^ω^*)

 

そして

まるで芸能人かと思うほど…強く美しい美貴さんが居ります( ´ ▽ ` )ノ

 

 

【miki suzuki】

◾️URL/www.pedazodearte.com

◾️e-mail/pedazoygavetadearte@gmail.com

◾️Instagram/mikipedazo

◾️Twitterは…何だったかな\(//∇//)\笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: ,

Read Comments

満福寺

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

鎌倉/腰越にある満福寺

 

小江戸として川越市と共に有名な街/栃木市にも満福寺があるのを皆さまご存知でしょうか(°▽°)

 

今年1月

天国に召された故人に会いに…今日は皆で逢いにやって参りました

 

 

やはり少々の緊張と高揚が高鳴るあるものです

まるで小学生の頃の登下校の時のような…

何故だか班長さん・副班長さんのように整列しながらご挨拶へと向かって参ります

牡丹桜がお見事!何とか桜の季節に間に合いました

芍薬か牡丹か…今日は本当にお天気が良く清々しい╰(*´︶`*)╯

派手さもなく小さな小さなお寺さんでしたが…慎ましく厳かでチリ一つ落ちていない満福寺

丁寧に〝生きている〟そんな感じがいたしました

ご住職さんからも故人のたくさんの良きお話が伺えたりして…

キレイな御花を添えさせていただいたりして…

 

幾度も幾度もお水をかけたり

手を合わせたり

振り返ったり

また必ず逢いに来ることをお約束したりして… 

とても有意義で大変意味のある今日を迎えることが出来ました

よくよく眺めると奥の細道18番目の参道なのだそう…

何でもかんでもご利益がありそう…

満福寺のお隣には大変気になるこじんまりとした小料理亭を発見!

皆さまも栃木市/満福寺にお見えになられた際には是非にご賞味いただいては(^ ^)

↑↑↑こちら↑↑↑

ランチは処変わって栃木市から→益子町へ

約40〜50分のドライブを経て 益子町/茶力経ヶ坂よりお届けいたしております

そう…もう…とてもとても食べ切れない美しい器たちとお料理でした苦笑

 

この他にもお寿司やお蕎麦、日本酒までいただいたりして…

景観も美しい、女将さんも素敵、お料理も間違いなく

終始 嬉しく楽しい時間を過ごさせていただきました

 

さて

 

「例えば 空が雲に覆われていても

太陽はその陰でいつも輝いている」

 

こんな言葉や

 

「本当に価値のある人間は

人に対する愛や献身から生まれるもの」

 

あんな言葉を

 

惜しげもなく教えてくれたあの人を

皆で愛でられた今日の一日

満福寺でした

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , ,

Read Comments

伊香保温泉 編集後記

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

本日はこちら

伊香保温泉/編集後記

すなわい番外編をお届けいたします(о´∀`о)

 

いやぁ〜本当に本当にステキだった此度の伊香保温泉♨️

まだまだご紹介し切れなかったスポットをご案内します↓↓↓

 

 

 

先ずはこちら。

これ、これ、これです(*^▽^*)

石階段のたもとから一枚♪

伊香保温泉と言えば この景観です

終始 雨予報だったお天気も 本当に良く晴れてくれました(=´∀`)人(´∀`=)

そしてこの絶景*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

※森秋旅館/客室から

夢のように美しいです

そんな森秋旅館で一番に感動した食材がこちら

椀のものたちです↑↓

朝食も夜食も優しいお味で…椀のものと言えば、あながち脇役になりそうなところなのですが…本当に美味しく胃に優しい食でした

ハイ、ご満悦なショットです(*^▽^*)

感動的な逸品でした

そう言えば…名物の射的場があちらこちらにありました

終始 横目に見ながらも体験出来ず…の私たち

まだまだ修行が足りませんなぁ\(//∇//)\笑

こんなのもありました「なつかし横丁」

いわゆる映画オールウェイズ/昭和の世界観満載でした

1960〜70年代初頭のあの頃

古き良き日本のあの時

私が今でも愛して止まない大好きな時代です*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

笑笑

完璧に「インスタ映え」の景観

しかと撮らせていただきましたー(^_-)☆

伊香保神社を抜け 歩いていくと(一本しか道がありませんかので大丈夫です、迷いようがありません♪ずんずん進んでいきましょう)

どれもこれも…あちらこちらに「ザ☆日本昔ばなし」とめぐり逢いました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

皆さまも是非に取りこぼしのないよう ゆっくりしっとり散策してみてください( ´ ▽ ` )

美しい横顔にパチリ(*’▽’*)

こちらは伊香保温泉飲水所内です

こんな風になっておりますので→一度是非に左側/温泉水をお試しくださいませ♪

飲めちゃう温泉の水なのだそうデス(╹◡╹)

ただ…ね、皆さま 茶色んです\(//∇//)\

終始 横目に流れるお水たちが 全て茶色んです 汗

職業柄 どうしても色に敏感になってしまう私たち

これまた修行と根性が足りず、格好だけになっておりますが…

もちろん温水自体は安全で美味しく暖かなので 安心して飲水してみてください( ´ ▽ ` )ね♪

えっと…とりあえず この辺で載せておかないと…2日目の私目です(^。^)笑

此度はお得意のデニムから離れて→ワンピースにいたしました

一日目は→白シャツワンピース

ニ日目は→シフォン素材の黒ドット柄ワンピースです

女子は 毎回こうした旅行の時には 必ず「服装」悩むものですが笑

もちろんこんな私目でも 我が家を飛び出す瞬間まで… 結構楽しみながら迷っています=(^.^)=

これがまた楽しい悩みなのです(o^^o)

ニ日目はシワにならない素材のものや一日目の何かと着回し出来るものをチョイスするのは必須です

こうした提灯なども石階段道中にはよく下がっておりました(^^)

よくよく伺えば→名物 射的場でも昼にやっているところと、夜にやっているところと…分かれているのだそうです

きっと気候の良い時は 浴衣を着て練り歩くのでしょう…実に風情があって良いですょね( ◠‿◠ )

はぁ〜(ため息)それにしましても 何という絶景なのでしょうか*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こちらも森秋旅館/客室からの一枚♪

まるで記念切手のようです

さて

如何でしたでしょうか(^_-)

ほんの少しでも役立つ情報がありましたでしょうか

 

大人女子伊香保温泉弾丸旅行/一泊の旅

群馬県人の皆さんは 本当に温かくて「手仕事の街・職人の街」そんな印象を強く受けて参りました

 

顔中マスクだらけの記念写真も この時代/この時期ならではの産物です

 

またいつか必ず手放しで楽しめる旅が出来ることを祈りながら…

皆さまも是非に健康にはご留意くださいませ(*^^*)

 

合掌

 

 

 

 

 

Tags: , ,

Read Comments

伊香保温泉 2

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

本日もこちら

群馬県伊香保温泉郷より〜お届けいたしております(^.^)

 

皆さま おはようございます♪

先ずは朝食から〜お届けしております

昨夜の夕食と同様 かなりしっかりめの量と質です

今のこのご時世の中で ここ森秋旅館の一番の魅力と努力は 丁寧な手仕事/お料理ではないでしょうか(о´∀`о)

全て完食!ご馳走さまでした

わぁ…・:*+.\(( °ω° ))/.:+それにしましてもどれもこれも絵になる景観ばかりです

先ずは伊香保神社を目指して歩きます

横目に古き良き射的場やスナックを見ながら…歩き進めていくと…

伊香保神社が待っておりました

遅れ馳せながら 今年もどうぞ宜しくお願いします(^人^)

美しい橋が見えたり…

温泉飲水所があったり…

お侍さんがやってきそうな小径を更に進んでいくと…

露天風呂がお出迎えです

お揃いのお名前入り/ピンクのタオルを買って…

松尾芭蕉の俳句がなんとも似合いそうな黄金色の露天風呂につかります

ここで一句

「露天風呂 落ち葉も虫も みな仲間 」by麻紀

お見事!

所変わってこちら♪

今後はロープウェイに乗って見晴らし台からお届けです(*^▽^*)

静岡の恋人岬にありそうな…

はたまた平和を願う広島にでもありそうな…

時折 強く吹く風に揺られて…キレイな鐘の音が鳴っていました(*’▽’*)

さて…気がつくと あっという間にお昼/ランチの時間を過ぎていた私たち(焦)

やはり…こちらに来たらデスね、押さえておきたい逸品「水沢うどん」です

私は完全なる蕎麦派だったのですが…

※日本三代うどん(群馬/水沢うどん・秋田/稲庭うどん・香川/讃岐うどん)

一人前のうどんと舞茸天ぷらをシェアしましたが…女子でしたら十分です!

昨夜のお夕食から〜朝食も昼食も…本当に美味しいものでお腹がいっぱいです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ハイ、只今の時刻/午後4時

またまたお世話になります→渋川駅/特急列車のご登場です

行きと同じルート(渋川→大宮→宇都宮)の経路にて帰路を目指します

 

さて

如何でしたでしょうか?

ほんの少しでも 皆さまにとり群馬県伊香保温泉の魅力と身になる情報がお届け出来ていれば…幸いです

 

丁寧な手仕事の街…そんな印象の群馬県でした

 

ありがとうございました

 

明日は伊香保温泉番外編/編集後記をお届けいたします

 

 

 

 

 

Tags: , ,

Read Comments

伊香保温泉 1

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

まだまだ「桜」探しが出来るコンニチ

如何お過ごしでしょうか(^^)

 

ようやく陽の光の暖かさに嬉しく思ったり

心地よい風の強さや匂いを感じられたり…

 

今年は 特にコロナ禍により〜まるで これまでの我慢の反動なのかと思うほど…

 

物凄い勢いで 梅の花も 桃の花も 桜の花も 菜の花や水仙さえも…一気に咲いております・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

そんな訳で

私たちは今日から一泊二日にて

こちら↓↓↓

群馬県伊香保温泉郷へ向かいます

そう…植物に限らず

私たち人間にだって 命の水を与えてあげなくっちゃ…ですもの

 

※さあ♪伊香保温泉旅行をお考えの皆さまへ↓↓↓

この先ほんの少しでもご参考になれば嬉しいです

 

 

栃木県/宇都宮発まずは大宮までlet’s!

埼玉県/大宮発特急にて渋川へ目指します

ハイ!こちらのルートですと乗り継ぎも1回♪爽やかスムーズです

ジャスト2時間で〜渋川駅に到着いたしました

渋川駅より〜伊香保温泉行きバスに乗り、約30分にて…↓↓↓

ジャン!!!此度 お世話になる森秋旅館さんにご到着です(*^^*)v

先ずはお荷物を預けて…いざ石階段を散策です↓↓↓

源泉の階段…実に茶色です!最初から最後まで黄土色 です(汗)

伊香保は全てのお宿が黄金の湯なのだそう…!素晴らしい〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

パンパカパーン☆此度の伊香保女子旅にご一緒するのは やはりこの方 横浜在住の映子さんです

終始 雨の予報だったデスけれど…汗

良かったです!どこまでも突き抜けるような青空 大快晴に見舞われましたー(((o(*゚▽゚*)o)))感謝

与謝野晶子さんの書かれた詞なんだそう…

本当に素晴らしいです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

三百六十五段…深き良き歴史の刻み跡なのですね

チョイと一呼吸…嗚呼 なんて愛らしいんでしょう 笑

我が家のニャンちゃん達も元気かしらん(´∀`)

あら…♪気になる路地裏が…

こちら「てんてまり」より

昔ながらの純喫茶…とでもいいましょうか

セピア色の店内には60〜70年代頃の正統派のJAZZが流れておりました

こちらでは 先ずは腹ごしらえとばかりに 昼食/スパイスカレーとコーヒーをいただきました(^ ^)

ハイ!此度 お世話になる私たちのお部屋からの景観から

絶景です*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

こんなのや…

 

こんなのが部屋にあり…

内湯までありました

コロナ禍ですので…こちらのお部屋にさせていただいたものの あまりに贅沢でバチが当たりそうです

さて いよいよのメインイベント=お夕食タイムです

そう…旅行のお楽しみのほとんどは「食」に尽きるのではないでしょうか(^.^)

※注/先ずは前菜から…(ここから ものすごい量のお夕食が出て参ります)

すでにもう何がなんだか…状態です笑

お造りと旬の野菜天ぷらと 椀のものと…

いわゆる定番というものが出てくるばかりかと思っていましたら…汗

ひとつひとつの手仕事が 本当に丁寧で暖かいものが次から次へと…止まりません

まるで宝石箱か はたまた玉手箱か…

感激と感謝は止まることはないのです、が…(*’▽’*)

食べても食べても次から次へ…

上州肉のすき焼きとしゃぶしゃぶまで運ばれてきた時には…

私たちはほとんど記憶喪失状態になっておりました苦笑

 

さあ…この後は 内湯を楽しみながら

夜な夜な語り合うの言うまでもありません

 

明日は 石階段を行ったり来たり

伊香保神社を経て 伊香保露天風呂をご紹介いたします

 

乞うご期待です

 

 

 

 

 

 

Tags: ,

Read Comments

SAKURAドロップ

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

今日から4月です

如何お過ごしでしょうか(^^)

 

今日は、桜・さくら・SAKURA特集です

※撮影場所/栃木県宇都宮市田川沿い河川敷

 

でもね

 

私にとり桜といえば 栃木県栃木市に咲く大平山

あの桜並木が 私の一生のSAKURAドロップです

 

これからこの先も

 

桜を見るたびに…あの方を必ず思い出していくと思う

 

さあ

 

今年も新スタートのはじまりです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: ,

Read Comments

2021’透明展 編集後記

LINEで送る
Pocket

皆さま

 

本日は、編集後記として番外編をお送りしております(^^)

 

…というのも、夢のように美味しい北京料理屋さんをご紹介したくて、急ぎペンを…

いえいえ、PCに向かっております(≧∀≦)

 

場所は、銀座すずらん通りにある「天厨菜館」

 

こちらの「酢豚」が、これまで食してきたどの酢豚よりも、本当に美味しいんです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

先ずは、前菜の小籠包から(^^)

嗚呼、思わず台湾で食してきた小籠包が よみがえってきます(о´∀`о)

ハイ!こちらがその酢豚です↑↑↑

「真っ黒なんです!!!」

いわゆる 玉ねぎやにんじん、ピーマンといった定番のお野菜が一切なく、とにかく黒いんです

そして、これがびっくりするほど…そして夢のように美味しいーーっ!!!

ご給仕の方も仰っていました↓↓↓

毎日でも食べられる、と…(=´∀`) 

皆さまも、銀座へ足をお運びの際には是非✖️②お楽しみの一つとして、食してみてください♪

こちらは、みんな大好きエビチリ

主菜を2種類選べるシステムになっていて…

この日は、酢豚とエビチリと…

単品にて再び酢豚をチョイスです(≧∀≦)笑

そうそう、加えてスッキリしていて、それでいてコクのある野菜スープも付いてきます(^^)

こちらもみんな大好き五目あんかけ焼きそばです

この日のお相手がこちらをチョイス♪

五目あんかけ焼きそばに関しては…残念ながら、地元/宇都宮市大通りにあるホテルニューイタヤさんの五目あんか焼きそばに一票でした(*^▽^*)

はて

如何でしたでしょう(^^)

たまには

食グルメレポート的なものもオツなものではないでしょうか=(^.^)=

さて

ふと街角でこんな桜の蕾を見つけました↓↓↓

思えば、昨年の今頃…両親が揃って病に伏せりました

瞳を閉じれば、今でもその切なさは瞼の裏にあります

 

激動だった一年

きっとこの先 何年先でもこの桜の花びらを見るたびに、思い出していくことでしょう

そう

あの夢のように美味しかった酢豚が、この一年 我がへのご褒美(のよう)だったことを…

 

感謝&合掌

 

 

 

 

 

 

 

Tags:

Read Comments