病 1
Pocket

皆さま

 

 

本日は、少しだけ深刻なお話をさせていただきたいと思います

 

本当は、公表しない方が良いのか、した方が良いのか本当に本当に、悩みに迷いましたが

やはり、こうして長きに渡り、ブログを公開してきますとその根底には、皆さまに少しでも何か心に止まり、情報として、時には知恵として、知識として、残せるものが有ればという思いがあります

 

公表いたします

実は、私の実母と別れた実父が、揃って病に倒れました

実父は、大動脈バイパス手術に

実母は、甲状腺がんに

病名も病院も全く異なるものの、同日に入院/手術を受けることになりました

 

お別れして もう30年以上も経ちますがどこまでも縁があると言いますか、両名/告知を受けてからというもの、実に考え深い毎日を送っております

 

そんな皆さまには、特にがん患者を抱える家族の在り方みたいなものを、今日は一粒だけ お教え出来たらと思います

 

先ず、実母の場合

非常に荒れました

荒れに荒れて、実は こちらの対応如何では、未だに荒れてしまいます

 

順番的に申し上げると

①逃げる②怒る③諦める④落ち込む⑤哀しむ⑥受け入る⑤諦める⑥希望が出てくる

 

これらの繰り返しです

昨年の10月時より〜検査が続き、約半年もの間

目を背け、現実を受け止められず、検査結果すら逃げ回り、拒否をし続けること、約2ヶ月間

当初は、ドクターにもご協力を得ては、騙し騙して、なだめたり すかしたりしながら告知をせず やり過ごして参りました

 

年明け冒頭

いよいよドクターより直接告知を受けるよりも、先ずは私から話した方が良いだろうと判断し、実母には二度に渡り告知へ

 

皆さま常々気が強い人間ほど、打たれ弱く一度の告知では 中々理解が出来ない/受け入れられないもののようです

(自らの精神的衛生上にも、ズバリ!告知をしてあげた方が良いかもしれません)

 

そして、がん患者を支える家族としては、ここからが大変です

上記①から〜⑥までの感情をむき出し 繰り返し、いわゆる情緒不安定となり、嘘を重ね、盗みを続け、一気にボケてしまうのでした

 

本人曰く、現実逃避から来るもの言うものの言ったこと/やったこと/これからやること等などを、いくらメモに残してもメモをしたことすら忘れ、理解と解釈が どうしても出来なくなってしまうのです

 

病は身体だけではなく、心まで蝕み 病んでいくと言われますがまさにソレです

 

来月冒頭から控える入院生活

皆さまには、ソレを支える家族の奮闘記として、何よりは 次は我が身として、ほんの少しでも 役に立てられるような知識や知恵をご紹介出来たらと思っております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read Comments

Leave a Reply