病 2
Pocket

皆さま

 

如何お過ごしですか?

 

いよいよ3月に入り、たくさんのキレイなお花が咲き始めている今…

我が家/我が家族も 両親揃っての入院/手術を迎えることとなりました

 

本来の私でしたら…3月3日入院当日から〜日々毎日の心境や移り変わり 様子等などを 逐一ご報告していくところ…

 

此度は、真の人間ウォッチングを顧みながらの…ここ数日間/途中経過報告と相成りましたm(_ _)m

 

先ずは、私たちニュースやドキュメント、はたまたCM等で目にするところの、大病に倒れ…その病と向き合う姿勢は、必ずしも命に対する謙虚さや 強いては性格改善へと繋がる人間ばかり…ではない!ということでした

 

私の母のように、たくさんの検査を経て その都度 面倒な各手続きを済ませ 入院をし 約4時間の手術を経ていても、それでも尚 受け入れられず…愚痴の絶えない人間も居ます

 

はたまた父のように、これから本当にこの人は 何十時間もの大手術をし 先の見えない入院生活をする人なのだろうか?と…いつ会い いつ話をしても 平らで穏やかな人間も居ます

 

これは、自らも本当に良き勉強/初体験となりました

 

むろん、これらのパラサイトは 病に倒れた当の本人だけに限らず、それを取り囲む周りの人間にも言えることでした

 

普段は 全くといって良いほど、やりとりをしていない…のに しっかりとその日時を覚え、駆け付けてくれた人間…はたまたは その逆の人

 

常々『ほうれんそう』を 強制する人間ほど、自らは出来ない/出来ていない人だったり…

 

中でも、一番 タチの悪いのは…そんな自らのことを棚に上げ、人のことばかりが気になったり、突っついたり、攻撃をしたり、、、な人でした

 

私自らを含め(^^;; 世の中 何とこの手の人間が 多いことでしょうか…苦笑

 

そして…あれやこれやと…この半年間

 

大病を持つ家族や両親を抱えながら 支えながら 傷付きながらも 本当にたくさんのことに 気付きがありました

 

愛犬バーディくん ♂ロッテワイラー2016’享年9歳

愛犬パキラちゃん♀Mダックスフンド2019’享年18歳

あの時の同じ あの感情です…!

 

私は

私の持つ友人は

決して多くはないけれど

本当に本当に本当に 良質な「人間」に恵まれている…ことでした

私の家族のことまで

気にかけてくれて

本当にありがとうございました

 

 

感謝 感謝 大感謝

 

 

 

 

病室からの風景は、驚くほど高く 最上階の…広く 清潔で いつもお天気でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read Comments

Leave a Reply