横浜理事会 2
Pocket

皆さま。

 

今朝も早よぉから↓↓↓

 

●武蔵溝の口 8時37分発(南武線)
●武蔵小杉    8時47分発(東急東横線急行)
●横浜          9時06分着

…にて、JR横浜駅近郊にあります「かながわ県民サポートセンター」へ来ております。

 

朝9時30分〜みっちり!!6時間。

久しぶりにお逢い出来た、日本画の田村先生・洋画の垣見先生。造形の佐々木先生をはじめ…堤さん・阿倍さん。諸先生方とのご対面だけが…(@_@)

唯一の励みになる、参会議事内容でございました(((^^;)

 

…と、言いますのも。

今冬から、2年間の大改修工事を経て、復活した「東京都美術館」。

その新美術館での、我が国際現代美術家協会ima本展が、いよいよ来月12月上旬から展覧会開催とあって…今日のこの日が、最終審査会と例会日。

 

業務分担やその係り、仕訳内容等などを、きめ細かく決定していきました。

 

昨年までの3年間は、審査事務を努めさせていただき…今年からは、総勢20名から〜なる審査委員の一員として加わり、いわゆる雛壇に上がり、合否の札を持ち、入落を協議していきます。

そして、そんな今年のお仕事は、ズバリ…搬入受付事務係を任命(^-^ゞ

 

●12月6日(木)が→全国からの搬入日となり、何千点もの作品が集まる中、いわゆる「関所」のような役割を担わせて頂く運びとなりました。

そして

●12月7日(金)が→審査会1日目(一般・会友の部)

●12月8日(土)が→審査会2日目(会員の部 外務大臣賞・文部科学大臣賞の決定)

さらに

●12月9日(日)の1日で、諸準備を整え・・・

●12月10日(月)に、日本を経ちフランスへ向かいます・・・!!

また

その「審査」というものは、まるでオークション会場(戦場)のように、御作品を2人ががりで、持ち合わせ…1・2分ほどの早さで、私たち。審査員の前を通り過ぎていきます。

瞬きも出来ないほど。
深く掘り下げ、その作者の「思い」を見てあげたり、聞いてあげたりなど。

一粒の隙間や猶予もありません。

 

そして・・・こういった光景を目の当たりにする度に、かくゆう私もまた、こうして来たのだなぁ…と、改めて思い知らされるのでした。

 

そんな本日の一枚は ♪

理事会の後の「お食事会」の風景と、帰り道の中。上野に立ち寄り、道草をして観て参りました「東京都美術館」での「メトロポリタン美術館展」です。

 

歴史あるその建造物は、何ら変わることなく ♪ あの赤レンガの外観も…内観ですら、各階ごとに設置されたエスカレーターや化粧室こそ設けれたものの、大好きだった、あの「都美館」は、まさに復活!と、いったところでした(*^O^*)

 

良き作品を、仕上げなきゃ!!…益々、身の引き締まる今日の一日でした。

 
 
2012111809190000.jpg

 

JR横浜駅近郊 

「かながわ県民サポートセンター」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総勢19名の会食会でした^^

中央左

日本画 田村先生

 

 

 

 

中央右 洋画 垣見先生

    中 洋画 古市先生

    右 洋画 金井先生  

 

 

 

 

上野の森公園

眺めながら「都美館」へ歩いていくのが大好きです^^

 

 

 

 

 

新しくなった「東京都美術館」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界3大美術館

 

アメリカ「メトロポリタン美術館」

ロシア「エルミタージュ美術館」

フランス「ルーブル美術館」

 

Read Comments

Leave a Reply